ひんやりした木曜の午後は歩いてみる

私は前から、素肌が全然強くないので、気を付けないとかぶれる。
それもあるし、ボディーソープの肌にこびりつく使い心地があまり好きじゃない。
しかしながら、冬の時期は思いっきりしっかり乾燥するので、無添加の化粧水を使っている。
愛用中の品の残念な部分は、料金がとても高く、なかなか買えないところ。

気分良く踊る母さんと冷たい雨
家の前でハンモックに揺られ、気持ちの良いそよ風に身を浸していた、休日の午後の事。
空にはゆったりと雲が流れていた。少年は、うちのネコが「ギャオォッ!」という大きな声に驚いて、ハンモックから下に落ちてしまった。
よく見てみると、我が家の猫は蛇と睨み合い、背中を丸めて興奮しながらもすごんでいた。
蛇はそう大きくはなく、毒も持っていないっぽかったので、少年は木の枝でつついて追っ払い、ネコを抱っこしてもう一度ハンモックに寝転がった。
少年は、ネコの頭をなでてやりながら胸の上で寝かしつけ、気持ち良さそうにゴロゴロと鳴くネコを見つめた。

無我夢中で踊るあなたと枯れた森

明日香は、大学ですぐ仲良くなった仲間だ。
明日香ちゃんの魅力的なところは、人を否定しなくて、細かい事は気にしないところ。
私が仲良くなろうと言ったそうだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
遊びに行くと、全てが単純化されるので、とても心が軽くなる。
引き締まっていてスレンダーなのに深夜にファミレスでステーキを食べに行ったりするという。

一生懸命歌う兄弟と穴のあいた靴下
笑顔って素敵だなーと思っているので、なるべく笑顔で過ごせるように心がけている。
なるべく、場所と場合を考えて。
しかし、周囲に強引に押し付けてはいけない。
結局は、一括では言えないが、個人的な価値観として。
先程まで真顔で必死で商談を行っていた人が、笑ったその瞬間。
もう、大好き。
目じりに皺ができる人が好き!と話す友人。
気持ちも理解できるかもしれない。

気持ち良さそうに吠える友達と枯れた森

此の程、ひとり娘が家の外で遊ばない。
暑いからだろうか、家の中で遊べるものがすごく増えたからか。
少し前までは、めっちゃいつもの広場に行きたがっていたのに、このところは、わずかも出かけたがらない。
考えるに、男親だと、現在困ることもなく、気にしないが、だけど、しかし嫁はほんの少しでも考えている。
けれど、蒸し暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

勢いで話す彼女とアスファルトの匂い
驚かれるが、私の部屋は、冷房も暖房もついていない場所だ。
なので、扇風機と冷やしたお茶を片手に作業をする。
この前、扇風機をどかそうと思いつき、回転しているまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の回転が止まったので「え・・・?」と不審に感じ、手元を見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、動きを止めているのは、まさしく自分の中指だった。
怖くなって手を放すと、また元気に回転しだして、自分の指からは出血した。
なにも感じなかったが、気を付けなければと誓った。

息もつかさず吠える妹とオレ

私の娘がマルモダンスをおどっている。
教えてもいないのに、3歳だけど頑張ってまねしている。
映像でマルモダンスの音が聞こえると、録画映像を見たがって泣く。
録画したものをつけてあげると止まることなくずーっと見ている。
父親だから、映像を見続けるより本を見たり、おもちゃで体を使って遊んだりしているほうがいいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今のうちに遊んでおくのも私たちの為だ。

勢いで歌う母さんと夕焼け
怖い物はたくさんあるけれど、大海原が一番怖い。
しかも、タヒチやフィジーなんかのクリアな海ではない。
もっと上を行くのが、駿河湾などの黒々とした海だ。
ついつい、どこを見ても海、なんて状態を想像してしまう。
それが経験したかったら、オープンウォーターという映画が持って来いだと思う。
スキューバーで海に置いてけぼりの夫婦の、トークのみで繰り広げられる。
とりあえず、私には恐怖のストーリーだ。
実際に起きてもおかしくない話なので、臨場感は大変味わえる。

気持ち良さそうに自転車をこぐ母さんとオレ

割と大きなスーパーマーケットで買い出しをしていた。
冷凍食品cornerチャーハンをさがしていた。
いろいろ見ていたら、ハングルで書かれた商品を発見した。
良く見て確認すると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
最近、明洞へ行ったときに、幾度となく韓国まで渡航している先輩にごり押しされたトッポギ。
日本で冷食になって、あのトッポギが発売されてるなんて、心外だった。

どんよりした週末の晩は読書を
友達が、自宅のベランダで、トマトを育てている。
実がなったらサラダを作りたいそうだ。
育てているとは言うものの、あまり水を与えないし、ベランダで煙草をふかすので、彼女のトマトの生活環境は少しも良くはない。
丸3日、何も与えていないと言う時期の、トマトの様子は、葉が垂れ下がっていて、人間ががっかりしている様子に見えなくもない。
かわいそうになったので、水をたっぷりあたえると、次の明け方のミニトマトは元気に復活していた。

コンテンツ