どんよりした大安の夜は目を閉じて

夕食時に、アサヒビールを一人で飲むのが習慣になっているけれど、最近、その後にワインも飲んでいる。
もちろん、その後に接客の仕事がない時に限るけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、家の近くでワイン専門店を発見して、父の日のために買ってみた。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円のプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
父に届けた、そのワインが1万円ほどしたことをついつい伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他に感想はなさそうだった。
この一件で、そんなにワインの質にこだわらなくなった。
あー最高だと感じるアルコールだったら、値段や質にはこだわる必要は、今のところない。

夢中で熱弁する彼女とわたし
ある雪の日のこと、少年は母親からお使いを頼まれて、ハクサイとねぎと豚肉を買いに行く途中であった。
少年はひそかに嬉しかった。
夕飯はお鍋だ!わーい!…と。
しかし、ありえない事が次の瞬間に起きた。
なんと、ポケットに入れていたはずのお使い用の2千円が、無いのである!
少年はスーパーの支払い所に並んでいる時、まさかとは思っていたがポッケの中をまさぐって確かめてみたのだ。
そしてその瞬間、お金が無くなっているのに気づいたのだ。
怒られる覚悟を決め、少年は何も持たずに家へ向かうことにした。
次からは、お金はクツかくつ下に入れとこう。
少年は奥歯をかみ締めながら、そう決心した。

曇っている金曜の夜は焼酎を

ずいぶん昔、なんとなく見た作品が、「ビフォアーサンライズ」で、日本名は恋人までのディスタンスという。
父に、「感動の作品だよ」と一押しだった作品だ。
電車で初めて会ったアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス出身の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌは少しの間ウィーンを旅する話だ。
この内容の珍しい部分は、これというピンチだったり起承転結の点の部分なんかが、見えないとこ。
出会ってすぐというこの2人が、恋愛観とか人生などに関してじっくりディスカッションする。
当時中学校3年生だった私は、まだまだ幼く、退屈だと思いながら見過ごしたシネマだった。
時がたち、この前、偶然DVD店で発見することができ、昔見たなと思い借りて、観賞したところすごく感動した。
お気に入りは、レコード屋でkath bloomを聞きながら視線を投げあってしまうところ。
2人とも帰国の際、つまり、お別れの時、そこで最後を迎える。
その時期は心に響かなかったこの内容、期間をおいて観賞すると、ちょっと違った見方ができると思う。
とりあえず、ケイス・ブルームのカムヒアが入ったALBUMを、ショップで発見し聞きたい。

陽気に自転車をこぐあいつと電子レンジ
時は金なりとは、凄い名言で、ダラダラしていると、見事にすぐに自分の時間が過ぎていく。
もーっと、さらりと勉強も締め切り前の報告書も終了すれば、その他の事の方に時を回すのに。
例えば、ウォーキングしたり、料理にはまったり、英会話テキストを読んだり。
そう考えて、近頃はさらりと終わらせようと心がけているが、いつまで出来るのか。

気分良く話す母さんと飛行機雲

海がめっちゃ近くで、サーフィンのスポットとしてもたいそう知られている場所の近所に住んでいます。
そうなので、サーフィンをしている人はめちゃめちゃ多く、出勤の前に朝はやく少しでも波乗りに行くという方もいる。
そんなふうに、波乗りをしている人が多数いるので、誘われることがとてもあったのだけれど、毎回断っていた。
その理由は、俺が、運動神経がにぶく、息継ぎできずに泳げないからです。
だけれども、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行ってみたところは上級者が行く場所で、テトラポッドが左右に広がっていて、スペースが狭い海でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

夢中で泳ぐ彼女と飛行機雲
非常に甘い物が好きで、甘いお菓子などをつくります。
普通に手で一生懸命混ぜて、焼いて作成していたのだが、近頃、ホームベーカリーで作ってみたら、たいそう簡単でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養が摂取できるようにしています。
甘味料がちょっとでもニンジンやかぼちゃの甘さがあるので、喜んで食べてくれます。
このごろは、スイーツ男子という表現もメディアで言っているから変ではないのだけれど、だいぶ昔は、ケーキを焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、菓子作りをする男性がよくいるよねと言われてそれも寂しい。

気どりながら口笛を吹く彼とわたし

先日梅雨が明け、今日セミの鳴き声で目が覚めて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と思った。
夏休みが始まる前の休日の午前中、少年は縁側に座ってアイスクリームを食べていた。
頭の上では風鈴がときおり鳴っていた。
いつにも増して暑い日で、太陽が少年の座った足を照りつける。
少年は半ズボンだった。
ほっぺたを伝って汗が流れ、アイスもとろけてきた。
少年は、近くにある市民プールのプール開きを楽しみにしていた。

ぽかぽかした仏滅の夕暮れは想い出に浸る
会社に勤めていたころ、なかなか辞めるきっかけが持てなかった。
かなり辞めたかった訳ではないから。
続ける余裕がなかったのかもしれない。
面倒くさくなって、その日は、熱意を込めて今月で辞職すると口にした。
こんな日に限り、いつもは少し気難しいと感じていたKさんが、こっちに向かってきた。
話しているうちに、話したこともない事態を知らないKさんが「この仕事、難しいよね。おまえはあと少し続くよ」という話をしてきた。
なぜか泣き顔になった。
考える事があって、会社の帰りに、教育係に退職を撤回してもらった。

無我夢中でお喋りするあいつとあられ雲

ネットニュースをいつも見るけれど、新聞を見ることも好きだった。
現在は、0円で閲覧できるネットニュースが色々あるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短い時間でたくさんの量の情報を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関わりのある深いところまで見やすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は目立ちにくいぐらい小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、米国の債務不履行になってしまうかもというニュースが目につく。
デフォルトになるわけないと普通思うけれど、もしそうなったら、他の国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

ゆったりと熱弁する姉ちゃんと気の抜けたコーラ
御盆が近づいて、「とうろう」などの行事が近郊で遂行されている。
近所の観光施設では、竹や和紙で作り上げられたとうろうが据えられていた。
近くのイベント会場では、晩に電気の照明は付けられてなくてなくて、灯ろうの中の明かりだけなのは、めっちゃきれいだった。
竹やすだれに囲まれてろうそくが光っていて、きめ細かい灯りになっていた。
やさしい明かりが付近の樹々を煌々と照らしていてとっても素敵だった。

コンテンツ